HOME
 
製造機能 水素製造販売事業
 
エンジニアリング機能 リサイクル事業・水素オンサイト事業
 
トレーディング機能 ガストレード事業・周辺機器販売事業
 
 
移動式水素ステーション
 
高圧水素ディスペンサー
 
小型水素発生装置
 
HOME > 会社概要 > 沿革
 
沿革
 
会社沿革
 
1970年1月   住友商事株式会社が、日本曹達株式会社千葉電解工場の水素ガス精製販売権を獲得し、同地にて水素充填工場(千葉工場)を建設。
 
1971年7月   住友重機械工業株式会社追浜造船所(現横須賀製造所)内に各種ガスのオンサイト供給を開始する。
 
1972年3月   住友商事株式会社の関連会社として、資本金10百万円にて株式会社東京ガスセンターを設立する。
10月   住友金属工業株式会社鹿島製造所内に周辺地区へのガス集配を目的とした鹿島営業所を開設する。
 
1982年5月   住友化学工業株式会社千葉工場敷地内に、弊社袖ヶ浦工場を建設する。
6月   資本金を40百万円に増資する。
 
1988年2月   関連会社 日本海水素株式会社の精算に伴い、弊社二本木工場として事業を継承する。
3月   住商ファインガス株式会社と社名を改称する。
7月   資本金を120百万円に増資する。
 
1992年11月   資本金を480百万円に増資する。
日本板硝子株式会社舞鶴事業所内に窒素及び水素発生装置を建設し、舞鶴ガスセンターとして操業を開始する。
12月   住商メッサー株式会社の事業を継承する。
 
1993年2月   授権資本金を1,920百万円とする。
 
1998年2月   東芝セラミックス株式会社小国工場内に窒素発生装置・アルゴンリサイクルを建設し、弊社小国製造所として操業を開始する。
7月   住友金属工業株式会社尼崎工場(現株式会社SUMCO関西事業所)内にアルゴンリサイクル設備を建設し、弊社尼崎製造所として操業を開始する。
11月   袖ヶ浦工場PSA水素精製装置の操業を開始する。
 
1999年7月   ソニーセミコンダクタ九州株式会社鹿児島テクノロジーセンター内に水素リサイクル設備を建設し、弊社国分工場として操業を開始する。
10月   袖ヶ浦工場のコンプレッサーをダイヤフラム方式に更新する。
 
2000年10月   ベルギー・Hydrogen Systems社(Hydrogenics Corporation社)製 水電解発生装置の日本での独占輸入権を取得する。
 
2001年6月   小国工場にて水素の出荷充填設備が完成する。
11月   エア・ウォーター株式会社が住友商事株式会社より52.5%の株を受け、筆頭株主となる。
社名を〔住商エア・ウォーター株式会社〕と改称する。
 
2002年1月   カナダ・Fueling Technogies社の水素ガス用・高圧ディスペンサーの対日輸入総代理権を取得。
11月   トヨタ自動車及び日産自動車より燃料電池自動車用「移動式水素ステーション」の製作を依頼される。翌年2月に完成納入。
 
2003年2月   エア・ウォーター株式会社が弊社株式20%を住友商事株式会社より取得し72.5%の株主となる。
 
2004年7月   マイクロンジャパン株式会社(兵庫県西脇市)内に水素発生装置(IMET)を設置し、弊社西脇工場として操業を開始する。
 
2005年1月   圧縮水素の製造(適用範囲:本社関連部門及び袖ヶ浦工場)に関し、品質マネジメントシステム規格ISO9001の認証を取得する。
 
2006年1月   圧縮水素の製造に関し、品質マネジメントシステム規格ISO9001の認証範囲を二本木工場に拡大する。
 
2007年2月   エア・ウォーター株式会社が弊社株式20%を住友商事株式会社より取得し92.5%の株主となる。
 
7月   社名を「エア・ウォーター・ハイドロ株式会社」と改称する。
 
2010年12月   大阪営業所を大阪府大阪市中央区へ移転、営業を開始する。
 
2011年7月   エア・ウォーター株式会社が弊社株式2.5%を住友精化株式会社より取得し95%の株主となる。
 
2017年1月   エア・ウォーター株式会社尼崎ガスセンター内に、水素充填工場を新設し操業を開始する。
 
2018年9月   本社を現在地(東京都港区虎ノ門)に移転する。
   
  ページの上に戻る
   
   
 
>免責事項
   
会社概要 リンク集 サイトマップ お問い合わせ 会社概要 沿革 事業所一覧